ネット証券比較ランキング
>株式投資のツボ「休むも相場とは?」
こちらのページでは、株式投資のツボについてご案内します。
株式投資のツボ
「休むも相場とは?」

「休むも相場」は相場格言のひとつ。流れが不透明な時には休むことも立派な投資!

ポートフォリオを組んで業種ごとの動向を見ていると、すべての業種が一度に買われるのではなく、数日から数週間単位で買われる対象になる業種が変わっていくことに気づくかもしれません。

ひとつの業種が十分に買われて上がりきると、投資家たちは「まだ上がっていない業種や銘柄はあるか?」と次の対象を探して回転を効かせているわけです。

こうした状態を循環物色といいます。株投資の基本は、眠っている割安銘柄を探し出し、循環物色の対象にされるのを待つことでもあります。

循環物色が続いている間は相場も好調なので、うまく利益を出せるタイミングもやってくるでしょう。

しかし、物色の流れもいつか止まります。

資金に余裕ができると次の銘柄を買いたくなってしまうものですが、そうした時には得てして相場は過熱気味になっています。

高値掴みをしないように全体の雰囲気を観察し、資金を温存したままで相場の熱が一旦冷めるのを待つことです。

「休むも相場」を金科玉条にして、次のチャンスを待ちましょう。

株式投資は売りと買いだけじゃなく休みを入れることも重要です。

休み時を見極めて高値掴みを避けるべきです。

参考になさってください。



>>>ネット証券比較ランキング

株式投資のツボ

ネット証券比較トップページ
ネット証券口コミ一覧
株式投資のツボ

コンテンツ・インデックス

ネット証券比較トップページ
ネット証券口コミ一覧
儲かる!株式・証券投資の基礎知識
株式投資・テクニカル分析の基礎知識
株式投資のツボ
はじめての株入門
NISA入門
NISAニュース
クチコミ募集中

ネット証券に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気ネット証券を中心に順次掲載いたします。

mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP