ネット証券比較ランキング
>株式投資のツボ「上場廃止が決まった株はどうなるの?」
こちらのページでは、株式投資のツボについてご案内します。
株式投資のツボ
「上場廃止が決まった株はどうなるの?」

株主には会社のオーナーとしての責任やリスクが

株はいくら値下がりしても価値がゼロになることはありませんが、企業が倒産した場合は別です。

倒産した企業の株は整理ポストという場所で1か月売買された後、上場廃止となります。

倒産といっても、必ずしも企業がなくなるわけでもありません。最近の例では、日本航空が倒産して上場廃止となりましたが、会社自体は存続しています。

簡単な説明に留めますが、企業が破たんすると、株を一度無価値化し回収した後、大株主や取引先などに新たな株主になってもらい、その出資額を債務や欠損金と相殺するという形がよく取られます。

企業の財務が健全化する一方、投資家は「株主責任」を問われて、出資額の全額を失ってしまいます。

しかし、もう株主権はないので異議も唱えられません。株の無価値化、いわゆる「100%減資」という策は、再建する企業にとって都合がいい仕組みです。

「OOのような日本に必要な大企業を国が潰すわけがない」と、危機にある企業の株を買う人も見られますが、二重の意味であてにならない誤った考えです。

株主には会社のオーナーとしての責任やリスクがあることも忘れずに。株の価値がゼロになっても文句は言えません。

倒産には、企業を再建する「会社更生」「民事再生」と、消滅する「特別清算」「破産」とがあります。いずれにせよ小口の株主は救済されません。

参考になさってください。



>>>ネット証券比較ランキング

株式投資のツボ

ネット証券比較トップページ
ネット証券口コミ一覧
株式投資のツボ

コンテンツ・インデックス

ネット証券比較トップページ
ネット証券口コミ一覧
儲かる!株式・証券投資の基礎知識
株式投資・テクニカル分析の基礎知識
株式投資のツボ
はじめての株入門
NISA入門
NISAニュース
クチコミ募集中

ネット証券に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気ネット証券を中心に順次掲載いたします。

mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP