ネット証券比較ランキング
>株式投資のツボ「儲けも損も最大3倍の信用取引」
こちらのページでは、株式投資のツボについてご案内します。
株式投資のツボ
「儲けも損も最大3倍の信用取引」

持っていない株も売れる?

実際に株を買って売る通常の取引は「現物取引」とも言いますが、証券会社から株やお金を借りて取引する「信用取引」という取引方法もあります。

具体的には、現金や持ち株を委託保証金(担保)とし、最大でもその約3倍の額まで取引することができるというものです。

委託保証金はおおむね「最低30万円、約定価額の最低30%」と定められています。例えば、30万円を口座に置けば、100万円までの取引が可能になります。

持ち株も「代用有価証券」として、前日評価額の80%を委託保証金に代えることができます。

さらに、株を借りて売る「信用売り」ができるのもメリットです。

また、平成25年1月から同日に同一の資金での取引が可能になるなど、一部制度が変わり、取引がしやすくなってきています。

しかし、取引額が3倍なら損失も3倍になり、最悪ゼロで済む現物株と違って、借金を背負う可能性もあります。

資金以上の額で取引することで利益が大きくなりますが、まずは現物で十分に経験を積んでから口座を開くとよいでしょう。

取引しやすくなったとはいえ、ハイリスクハイリターンには変わりありません。

信用取引を始めるには、証券会社に審査を経て信用取引口座を開くことが必要です。

その際、―定の資産や投資経験も条件となります。

参考になさってください。



>>>ネット証券比較ランキング

株式投資のツボ

ネット証券比較トップページ
ネット証券口コミ一覧
株式投資のツボ

コンテンツ・インデックス

ネット証券比較トップページ
ネット証券口コミ一覧
儲かる!株式・証券投資の基礎知識
株式投資・テクニカル分析の基礎知識
株式投資のツボ
はじめての株入門
NISA入門
NISAニュース
クチコミ募集中

ネット証券に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気ネット証券を中心に順次掲載いたします。

mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP