ネット証券比較ランキング
>NISAニュース「つみたてNISA 20〜40代の投資初心者に浸透」
こちらのページでは、「NISAニュース」についてご案内します。
NISAニュース
「つみたてNISA 20〜40代の投資初心者に浸透」

日本経済新聞 2018/3/28

2018年1月に始まった積み立て型の少額投資非課税制度「つみたてNISA」がじわり広がり始めている。購入層の主役は40歳代以下のミドル世代だ。所得が伸び悩むなか、こつこつ老後の生活に備えて蓄える。そんな投資を個人から職場単位に広げようと、金融庁も浸透に躍起になっている。

川崎市内に住む既婚女性(35)は2月、つみたてNISAを始めた。今まで株や投資信託を買ったことはない投資初心者だが「簡単に資産運用できそうなので、気軽な気持ちで始めてみた」。

金融庁によると、つみたてNISAの口座のうち、新規開設は62%を占める。一般NISAからの切り替えは30%にとどまり、新たな投資家の呼び込みに成功しているようだ。

世代別では20〜40歳代の割合が7割。一般NISAでは逆に50〜80歳代が7割を占める。つみたてNISAは投資上限を絞る一方、税の優遇期間を最長20年に伸ばした。「長期に簡単に」。そんな手軽さが働き世代の投資意欲を刺激しているようだ。



投資初心者を取り込むという所期の目的は一定果たした。金融庁が次に狙うのは、購入単位を個人から「職場まるごと」に広げることだ。

政府が2月に閣議決定した高齢社会対策大綱でも「資産形成を始めるきっかけを身近な場で得られるよう、職場環境の整備を促進する」と明記。3月から6月まで、全国11の財務局・支局で地方自治体や企業、金融機関を対象に職場つみたてNISAの説明会を開く。「個人ブロガーとも連携して制度の普及に力を入れたい」(金融庁幹部)と意欲的だ。

金融庁はつみたてNISAをアピールするキャラクターも募集するという。政策の普及を狙ったキャラといえば、マイナンバー制度の「マイナちゃん」、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の「イデコちゃん」などがあるが、知っている人はどれほどいるだろうか。

若い世代を取り込みたいのなら、「ニーサちゃん」のような安易なネーミングは避けたい。



>>>ネット証券比較ランキング

NISAニュース

ネット証券比較トップページ
ネット証券口コミ一覧
NISAニュース

コンテンツ・インデックス

ネット証券比較トップページ
ネット証券口コミ一覧
儲かる!株式・証券投資の基礎知識
株式投資・テクニカル分析の基礎知識
株式投資のツボ
はじめての株入門
NISA入門
NISAニュース
クチコミ募集中

ネット証券に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気ネット証券を中心に順次掲載いたします。

mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP