ネット証券比較ランキング
>NISA入門「ニーサ投資は総額1兆円を超えたが」
こちらのページでは、「NISA入門」についてご案内します。
NISA入門
「ニーサ投資は総額1兆円を超えたが」

“株式ブーム”を引き起こすまでには至ってない印象

株式市場を活性化させる制度として鳴り物入りで始まったNISA(少額投資非課税制度、ニーサ)。投資家の中で活用している方が増えているようです。

やはり、税金がゼロになるというのは魅力なのでしょう。金融庁が調べたところによると、2014年1月にスタートしてから3か月で、開かれた口座の数は約650万に達しました。

投資総額は1兆34億円と1兆円を突破したとか。直接の株式投資だけではなく、投資信託購入など活用の仕方は様々ですが、本人確認が厳しいためにこの統計は延べ人数ではなく、実数で650万人が口座を開いたことになります。

窓口となる証券会社や銀行の担当者にヒアリングしたところ、口座の申し込みから開設まで1か月から2か月ほど待つ状況にあったそうです。

ただ、「この650万人という数字が多いか」と聞かれた場合、そうとは言えないでしょう。半年間の増加数としてみれば、特筆できると思われますが、日本の全人口から考えると、国民の約20人に1人に過ぎません。

単純に統計上の数字から、将来的に広がる余地があるとみることが可能です。

現在の個人金融資産が約1,600兆円あることを考慮すると、なおさらと言えるでしょう。

しかも、これまで「株をやったことがなかった」という人の新規の口座開設となると、新たなマネーを呼び込むといった、スタート以前に期待されたような状況にはなっていません。

証券会社の担当者の何人かに聞いたところ、ほとんどが既存の顧客。つまり、今まで株式投資に振り向けていた資金の一部をニーサ口座に移し替えた、ということなのです。

筆者も、制度が始まってから利用状況などを探るために、いくつか証券会社や銀行のニーサをテーマとした金融セミナーに出席しましたが、参加者のカテゴリーをみると、大半がニーサ口座を開設済みのお客さん、開設していないお客さんでも株式投資を実践中という人ばかりで、「ニーサをきっかけに株式投資を始めたい」という当初期待した人はほとんど見当たりません。

スタートして半年の間に、それなりの活用はされていながらも、“株式ブーム”を引き起こすまでには至ってない印象となっています。

<続く>



>>>ネット証券比較ランキング

NISA入門

ネット証券比較トップページ
ネット証券口コミ一覧
NISA入門

コンテンツ・インデックス

ネット証券比較トップページ
ネット証券口コミ一覧
儲かる!株式・証券投資の基礎知識
株式投資・テクニカル分析の基礎知識
株式投資のツボ
はじめての株入門
NISA入門
NISAニュース
クチコミ募集中

ネット証券に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気ネット証券を中心に順次掲載いたします。

mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP