ネット証券比較ランキング
>株式・証券投資の基礎知識「日本に株式市場はいくつある?」
こちらのページでは、株式投資・証券投資の基礎知識についてご案内します。
株式・証券投資の基礎知識
「日本に株式市場はいくつある?」

東証1部?マザーズ?各証券取引所の特色

株は株式市場で売買されているわけですが、その株式市場とは具体的にどこにあるかと言えば、証券取引所内で運営されています。年現在、日本には全部で5つの証券取引所が存在します。

中でも、全上場企業の半数以上が上場している東京証券取引所=東証は、ニューヨーク証券取引所やロンドン証券取引所とともに「世界三大市場」のひとつに数えられています。さらに2013年1月には、東証と大証が経営統合し、「日本取引所グループ」となり生まれ変わりました(各取引所名称はそのままです)。

各取引所の特徴は下記のとおりです。同じ東証でも、「1部」よりも上場基準が緩い「2部」、ベンチャー企業向けの「マザーズ」が存在しますが、当然、後者のほうがよりハイリスクになります。長期投資を考えているのであれば、マザーズやジャスダックなどの新興市場や、流動性の面で難のある地方取引所の銘柄は避け、東証あるいは大証、それも1部上場企業に注目することがベターと言えます。厳しい基準をクリアして1部上場を維持している企業は、安定した経営力を備える日本のトップ企業ばかりです。

各証券取引所の特徴

東京証券取引所(東証)

・東証1部 : 日本の株取引の大半を占める。上場とその維持には厳しい基準があるため、 東証1部上場銘柄は投資対象としては比較的安心できる。

・東証2部 : 1部よりは基準が緩いが、上場企業には中堅どころが並び、新興市場ほどハイリスクではない。流動性はやや低い。

・マザーズ : 東証が開設する新興市場。赤字企業も上場できるなど、上場基準が大幅に緩いため、投資のリスクも高いといえる。

・TOKYO AIM取引所 : 機関投資家などのプロのみを対象にした新興市場。上場企業もわずかで、一般の個人投資家にはほぼ無縁。

大阪証券取引所(大証)

・1部、 2部とがあり、1部上場企業の多くは東証1部にも重複上場している。

・ジャスダック(JASDAQ) : 大証が開設する新興市場。上場数は東証1部に次ぎ、売買規模は東証2部に並ぶ。

名古屋証券取引所(名証)

・1部、2部、セントレックス

福岡証券取引所(福証)

・市場部、Q-Board

札幌証券取引所(札証)

・市場部、アンビシャス

企業がこうした株式市場に上場されると、識別番号が付与されます。銘柄コード、銘柄番号などとも言われます。

例 : マツダ=7261、シャープ=6753、JXホールディングス=5020など

名古屋、福岡、札幌の地方市場は、売買高が低く流動性にやや難があります。売りたい時に売れないリスクを考慮する必要があります。

ちなみに複数の市場に重複上場する企業もあります。例えば任天堂は、地元京都に近い大証1部がメインですが、東証1部でも売買できます。

参考になさってください。



>>>最新版!ネット証券比較ランキング+口コミはこちら

儲かる!株式・証券投資の基礎知識

ネット証券比較トップページ
ネット証券口コミ一覧
儲かる!株式・証券投資の基礎知識

コンテンツ・インデックス

ネット証券比較トップページ
ネット証券口コミ一覧
儲かる!株式・証券投資の基礎知識
株式投資・テクニカル分析の基礎知識
株式投資のツボ
はじめての株入門
NISA入門
NISAニュース
クチコミ募集中

ネット証券に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気ネット証券を中心に順次掲載いたします。

mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP