ネット証券比較ランキング
>株式・証券投資の基礎知識「含み益は絵に描いた餅!」
こちらのページでは、株式投資・証券投資の基礎知識についてご案内します。
株式・証券投資の基礎知識
「含み益は絵に描いた餅!」

株の含み損益と実現損益の違い

株価は常に上昇したり下落したりと変動しています。株式投資による利益は主にこの株価の変動によって得られます。株式を安く買って高く売れば、その差額の分だけ儲けになる、というのは改めて説明するまでもないでしょう。

こうして株価の上昇に基づき、株式の売買によって得る利益は「キャピタルゲイン」と呼ばれています。株式投資の最大の魅力の1つです。

不幸にして、買った瞬間から株価が1円も上がらず下がり続ける、ということもないわけではないと思いますが、一方で株価が1円でも上がれば損はしないかといえば、そうとは限りません。利益=キャピタルゲインは、その株式を売却して始めて確定するからですね。

仮に10万円で購入した株式が、その後20万円まで上昇すれば、証券口座内での評価額は20万円となり、損益はプラス10万円ということになります。計算上は10万円の利益を手にしたことになりますが、実際には手元の現金は一切増えていません。この10万円の利益はあくまで計算上の「含み益」という状態で、まだ絵に描いた餅だからですね。

この含み益は、その株式を売却して初めて「実現益」となり、差し引き10万円の利益を現金として受け取ることができます。

逆に言えば、仮に20万円まで上昇し、含み益が+10万円となっても、その後、株価が5万円まで下がってしまえば、その含み益は全て吹き飛び、逆に−5万円の「含み損」の状態になってしまいます。これが「株価が1円でも上がれば損はしないかといえば、そうとは限りません」ということの根拠ですね。

このようにいくら「含み益」が膨らんでも売り時を逃せば「含み損」や「実現損」となることもありますし、逆にいくら「含み損」が膨らんでも、売却せずに我慢すれば、そこから復活して「実現益」を手にできる場合もあります。

このように売り時を探るのが、株の難しい所でもあり、面白い所でもあります。相場格言の1つに「利食い千人力」という言葉があります。利食いとは、含み益がある時に株式を売却して「実現益」を手にすることですが、それくらい株式を売却して利益を確定することは重要である、ということですね。

株価の上昇局面ほど気持ちが大きくなり、強気となり、株を売ることがためらわれるわけですが、あまり欲をかかずに売れるときに確実に実現益を得ましょう。 



>>>最新版!ネット証券比較ランキング+口コミはこちら

儲かる!株式・証券投資の基礎知識

ネット証券比較トップページ
ネット証券口コミ一覧
儲かる!株式・証券投資の基礎知識

コンテンツ・インデックス

ネット証券比較トップページ
ネット証券口コミ一覧
儲かる!株式・証券投資の基礎知識
株式投資・テクニカル分析の基礎知識
株式投資のツボ
はじめての株入門
NISA入門
NISAニュース
クチコミ募集中

ネット証券に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気ネット証券を中心に順次掲載いたします。

mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP