ネット証券比較ランキング
>株式・証券投資の基礎知識「額面割れって何?」
こちらのページでは、株式投資・証券投資の基礎知識についてご案内します。
株式・証券投資の基礎知識
「額面割れって何?」

「額面割れ」の株は経営状態が危ない!

株関連のニュースなどを見ていると、「額面割れ」という言葉が出てくることがあります。

日常でも、金券ショップでプリペイトカードや切手などがその価値以下で売られている状態を「額面割れ」と表現することがありますが、本来「額面割れ」は証券用語です。

以前は、株券の券面に50円〜5万円の金額を記載し、単元株で5万円となるよう規則で定められていました。つまり、額面50円の株は単元1000株、5万円の株は単元1株です。株価は常に変動するので額面にはほとんと意味はありませんが、企業の状態に問題がなければ株価は額面を上回るのが当然でした。

逆に、株価が額面を下回る状態は「額面割れ」と呼ばれ、経営状態が危ういことを意味しました。

その後、額面は廃止されて株券はすべて無額面になり、さらに電子化されましたが、「額面割れ」という言葉だけが生き残っている状態です。本来の意味では、最低単位での投資額が5万円未満ならすべて「額面割れ」ということになるのですが、現在は単元で5万円未満の銘柄にも優良株が存在するので、実態にはそぐいません。そのため、「額面割れ」は株価50円未満を意味する言葉に変わりつつあります。

なお、投資信託でも、基準価格が元本を下回ってしまった場合に「額面割れした」と使われることがあります。ちなみに、額面割れしていた株価が額面以上に戻すことを「額面回復」といいます。

参考にしてみてください。



>>>最新版!ネット証券比較ランキング+口コミはこちら

儲かる!株式・証券投資の基礎知識

ネット証券比較トップページ
ネット証券口コミ一覧
儲かる!株式・証券投資の基礎知識

コンテンツ・インデックス

ネット証券比較トップページ
ネット証券口コミ一覧
儲かる!株式・証券投資の基礎知識
株式投資・テクニカル分析の基礎知識
株式投資のツボ
はじめての株入門
NISA入門
NISAニュース
クチコミ募集中

ネット証券に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気ネット証券を中心に順次掲載いたします。

mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP