ネット証券比較ランキング
>株式・証券投資の基礎知識「特定口座とは?」
こちらのページでは、株式投資・証券投資の基礎知識についてご案内します。
株式・証券投資の基礎知識
「特定口座とは?」

特に理由がないなら源泉徴収ありの特定口座を開こう

銀行口座にも、普通口座や総合口座、貯蓄口座などがあるように、証券口座にもいろいろな種類があります。

口座開設の申し込み時に、一般口座と特定口座を選択する場合があるので、最低限これらの違いを知っておく必要があります。

結論から述べると、お勧めなのは特定口座です。特定口座にも「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」の二種類がありますが、「源泉徴収あり」を選択すると、証券会社が売却益から税金を計算し、納税までやってくれます。

「源泉徴収なし」では税金が引かれませんので、「年間取引報告書」を元にして確定申告する必要があります。

2社以上で取引する場合は「なし」を選択して損益を合算し自分で納税します。売買益が申告要件に満たない場合は有利です。

一般口座は特定口座制度ができる以前からあったもので、取得単価が不明なダンス株を入庫する場合など、ごく限られたケースでしかメリットはありません。これから株取引を始めるなら、「特定口座・源泉徴収あり」でいいでしょう。

参考にしてみてください。



>>>最新版!ネット証券比較ランキング+口コミはこちら

儲かる!株式・証券投資の基礎知識

ネット証券比較トップページ
ネット証券口コミ一覧
儲かる!株式・証券投資の基礎知識

コンテンツ・インデックス

ネット証券比較トップページ
ネット証券口コミ一覧
儲かる!株式・証券投資の基礎知識
株式投資・テクニカル分析の基礎知識
株式投資のツボ
はじめての株入門
NISA入門
NISAニュース
クチコミ募集中

ネット証券に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気ネット証券を中心に順次掲載いたします。

mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP