ネット証券比較ランキング
>株式・証券投資の基礎知識「100円の株は100円で買えるの?」
こちらのページでは、株式投資・証券投資の基礎知識についてご案内します。
株式・証券投資の基礎知識
「100円の株は100円で買えるの?」

株は、単元株数を最低単位として売買される

これまでまったく株に興味のなかった人でも、新聞の経済欄、テレビやラジオの経済ニュース、ネットのポータルサイトなどで、個別の株価を目にしたり聞いたりしたことはあると思います。

例えば、日本を代表する製鉄会社、新日本製鐵の株価は、250円前後です。

では250円を用意すれば新日鉄の株主になれるのか・・・というとそうではありません。最低売買単位となる「単元株」が銘柄ごとに設定されており、最も一般的なケースでは「1000株」をワンセット=「一単元」として扱われています。

新日鉄の場合は、単元は1000株なので、株価の250円に一単元を掛けた25万円が最低売買代金です。

個人投資家を重視し、単元株数を小さく設定している銘柄も多数あります。単元株が1株なら、株価と最低売買代金は同じ金額になり、より買いやすくなりますね。例えば、ネットサービス最大手のヤフーは、株価は40000円前後と高いですが、単元株数は1株。株価と同じ金額を用意すれば、ヤフーの株主になれるわけです。

つまり同じ2000円の株でも・・・単元株数が10株の場合、

・2000円(株価)×10株(単元株数)=20,000円(最低売買代金)

単元株数が1000株の場合は、

・2000円(株価)×1000株(単元株数)=2,000,000円(最低売買代金)

ということになります。

ちなみに売買注文は単元の倍数で執行されるので、1000株単元の株を1500株買う、といったことはできません。1000株以上なら2000株、3000株という単位になります。



>>>最新版!ネット証券比較ランキング+口コミはこちら

儲かる!株式・証券投資の基礎知識

ネット証券比較トップページ
ネット証券口コミ一覧
儲かる!株式・証券投資の基礎知識

コンテンツ・インデックス

ネット証券比較トップページ
ネット証券口コミ一覧
儲かる!株式・証券投資の基礎知識
株式投資・テクニカル分析の基礎知識
株式投資のツボ
はじめての株入門
NISA入門
NISAニュース
クチコミ募集中

ネット証券に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気ネット証券を中心に順次掲載いたします。

mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP