ネット証券比較ランキング
>株式・証券投資の基礎知識「株って本当に儲かる?」
こちらのページでは、株式投資・証券投資の基礎知識についてご案内します。
株式・証券投資の基礎知識
「株って本当に儲かる?」

そもそも株ってなんだろう?

会社の運営にはお金が必要です。特に創業時や、成長期にはなおさら資金が必要ですね。

そうした必要な資金を調達する仕組みの1つが株式です。株式会社では「株券(株)」と呼ばれる証券を発行し、それを不特定多数の人たちに購入してもらうことで現金を調達することができるのです。

株式を通じて集められた資金は「資本金」と呼ばれ、会社の中核的な資金となります。

つまり「株」とは、株式会社がお金を集めるための仕組みであり、その会社の株を購入することを「株式投資」といいます。

株を購入した人は、「株主」として投資先の会社に対して、会社運営に対する一定の権利をもつことができます。



株式投資は経済の潤滑油

上記の通り、本来的には株式はこれから成長する企業に手を差し伸べる仕組みですが、株式は株式市場に盛んに売買され、値段が大きく動くこともあります。つまり株式の売買によって大きく儲けを出すこともできれば、大きく損をすることもあるのですね。

また、投資先の会社が破綻すれば文字通り紙くずとなります。そうした実態から「株はギャンブル」という人もいるかもしれません。しかしながら、正しい知識を身につけ、きちんと情報を集め、危ない会社を避けて投資すれば、突然企業が破綻して株の価値がゼロになる、という可能性は極めて低いです。

今日では、株式投資は経済の根幹をなすといっても過言ではありません、株式の発行によって資金を集められなければ会社は思い切った事業を起こしづらくなり、次へのステップが踏み出せなくなります。

株式投資を通して「日本経済の一翼を担っている」くらいの気持ちで臨みたいものですね。



株は会社への投資

企業が資金を集めるためには「銀行から借りる」という方法もありますが、銀行は担保がなければなかなかお金を貸してくれないなど、ベンチャー企業や成長企業にとってはあまり頼りになる存在ではありません。

一方、株を発行して集めた資金は「資本金」となり、借り入れと違って返す必要もありません。企業にとってはとてもありがたい資金ですね。

では株主のメリットは何かと言うと、会社の利益から分配金を得たり、その株式を売ることができます。業績のよい会社なら、分配金の増額が期待でき、それに伴ってその株を欲しがる人も多くなることから株の値段=株価もあがり、売却時に売却益を得ることもできるようになります。

株を買うということは、会社の将来を買う、未来への投資そのものなのです。

株で儲けるためにはまさにこの「将来、業績がよくなる会社」をいかに探すか、探せるかがポイント、ということですね。



株の4つの魅力!

ここで株式投資の魅力をまとめるとこうなります。

1.会社の経営に注文がつけられる
2.株価が上がると儲かる
3.分配金=配当金がもらえる
4.株主優待が付く

それぞれの内容についてはまたあらためて詳しく説明したいと思います。



>>>最新版!ネット証券比較ランキング+口コミはこちら

儲かる!株式・証券投資の基礎知識

ネット証券比較トップページ
ネット証券口コミ一覧
儲かる!株式・証券投資の基礎知識

コンテンツ・インデックス

ネット証券比較トップページ
ネット証券口コミ一覧
儲かる!株式・証券投資の基礎知識
株式投資・テクニカル分析の基礎知識
株式投資のツボ
はじめての株入門
NISA入門
NISAニュース
クチコミ募集中

ネット証券に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気ネット証券を中心に順次掲載いたします。

mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP