ネット証券比較ランキング
>はじめての株入門「間接金融、直接金融」
こちらのページでは、「はじめての株入門」についてご案内します。
はじめての株入門
「間接金融、直接金融」

資金を必要とする企業の立場から株をとらえてみよう。

次に企業側から株をとらえてみましょう。

企業が銀行から融資を受けることを間接金融といいます。預金者のお金が銀行を通して企業に流れるからです。

株式の場合は株を発行する企業が直接、投資家からの資金を受け入れるので直接金融といいます。

上場企業の場合は企業と投資家の間に証券会社が仲介役として介在します。

証券会社は、企業から株や社債発行を売りさばく際の手数料、投資家からは将来、株を売る際の手数料や口座開設後、さまざまな取引をしてもらうメリットを得ます。

株を発行し、資金を調達した企業はその資金を使って事業を営みますが、利益が上がれば配当の形で投資家に還元し、利益が上がらないときは分配しません。

しかし、株主に様々な通知をしたり、取引所で株の出来高に応じて費用を支払う必要があり、株主資本の調達にも、その維持管理にコストはかかります。

企業は、資金調達をする際に経営上やコスト面で直接金融、間接金融のどちらにメリットがあるか検討します。企業経営の最終目的は雇用創造、社会へのよい製品、サービスの提供です。

その実現のための費用が必要なので、私たちもよく見極めて応じたいですね。

参考になさってください。



>>>ネット証券比較ランキング

はじめての株入門

ネット証券比較トップページ
ネット証券口コミ一覧
はじめての株入門

コンテンツ・インデックス

ネット証券比較トップページ
ネット証券口コミ一覧
儲かる!株式・証券投資の基礎知識
株式投資・テクニカル分析の基礎知識
株式投資のツボ
はじめての株入門
NISA入門
NISAニュース
クチコミ募集中

ネット証券に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気ネット証券を中心に順次掲載いたします。

mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP