ネット証券比較ランキング
>はじめての株入門「リスクとリターンでとらえよう」
こちらのページでは、「はじめての株入門」についてご案内します。
はじめての株入門
「リスクとリターンでとらえよう」

高リターンなのに安全そうなものは根本的に無理。詐欺かも。

預金はインフレには弱いのですが、ある程度の金利が得られるなら、手間いらずで楽な運用です。

ただし、預け先には注意する必要があります。というのも、1金融機関から1人が預金保険機構によって保障されるのは1000万円だけです。従って、経営状態のよい金融機関を選ばなくてはなりません。

なお、外国の銀行は保障の対象外です。覚えておきましょう。

次に債券ですが「債」は「借金」の意味です。どこのどんな債券を買うにしろ、社債は企業の借金、国債は国の借金です。借り手は約束した期日=「償還日」に額面通りのお金を貸し手に返さなければなりません。

従って、返済能力を重視します。格付けが参考になりますが、万全の指標ではないので、あくまで参考程度にするしかないのが現状です。

注意すべき点はほかにもあります。財政状態が悪い国や会社は高金利にしないと買い手が現れません。投資家が高金利につられるとディフォルト(返済不能)で痛い目に合う場合があります。

金地金はロンドンの金市場の価格が外貨建てで示され、それが日本国内の店頭で円換算されて示されます。為替に影響される点や、売買で得られた差益は確定申告しなくてはならない点に注意しましょう。

不動産は売買が実現するまでの時間が読みにくい対象です。また、購入時や保有時の税金や経費にも注意しましょう。

株式は短期、中期、長期それぞれの投資をどの銘柄でいつ実行し、いつ現金として回収するかに成功、不成功のポイントがあります。自分のニーズに合った投資対象を選べるよう、最低限の知識を身につけましょう。

なお、お金の運用先を検討するときに参考になるのが「72の法則」です。ざっくり1年複利でお金を運用した場合、倍になるのに何年かかるかを導き出すときに使う簡便な計算法で、アメリカでは高校生の経済の教科書に紹介されています。

利息が0.1%なら元金が倍になるのに720年、1%なら72年、10%なら7年2ヶ月かかることがわかりますね。利息14%のカードローンでお金を借りると約5年、利息18%の消費者金融で借りたら4年で返済額は倍になります。

貸す側のほうがリスク負担率が高いので、利息が高いのは仕方ないといえますが、借りるは簡単、返すは大変なのです。

リスクとリターンの関係は安全性の高いものほど低利率で低リターンです。誰もリターンが読めないもの、買いたくないものほど高リターンに設定される傾向があります。

高リターンなのに安全そうなものは根本的に無理があり、投資知識の乏しい人を騙す詐欺かもしれません。十分に調べる必要があるでしょう。

お金の運用別要点比較

1.株 : いつでも売買できる。会社が大きな負債で倒産しても損失は株に投じた資金だけ。利益が出た場合は増配や値上がり益が得られる。株主総会での議決権や株主優待制度を楽しめることも。

2.債券 : 償還されるかどうかが肝心。格付けなどで調べる。国内外国債、社債、地方債など。

3.投資信託 : 少額で分散投資可能。多様なタイプがある。購入手数料や信託報酬をチェック。テーマ型、インデックス型、上場投信(ETF)、Jリート、MMFなど。

4.貯蓄 : 1金融機関1人1,000万円まで元本保証。外国金融機関は対象外。

5.金地金/不動産など

参考になさってください。



>>>ネット証券比較ランキング

はじめての株入門

ネット証券比較トップページ
ネット証券口コミ一覧
はじめての株入門

コンテンツ・インデックス

ネット証券比較トップページ
ネット証券口コミ一覧
儲かる!株式・証券投資の基礎知識
株式投資・テクニカル分析の基礎知識
株式投資のツボ
はじめての株入門
NISA入門
NISAニュース
クチコミ募集中

ネット証券に関するあなたのクチコミを教えてください。クチコミは人気ネット証券を中心に順次掲載いたします。

mail@teiki.jpn.org

PAGE TOP